口腔外科

お口まわりの外科治療を行います

京都市北区大宮東の歯医者「吉田歯科クリニック」では、むし歯や歯周病などの歯や歯ぐきの治療だけでなく、舌や唇、粘膜などお口全体の外科処置をともなう治療を行う口腔外科にも対応しています。口腔外科で行われる身近な処置は親知らずの抜歯です。ほかにも歯牙移植や歯根破折にも対応していますので、気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずは必ず抜くとはかぎりません

親知らずは必ず抜くとはかぎりません

親知らずは、厄介者というイメージが強く、すぐに抜歯を思い浮かべるかもしれませんが、まっすぐ生えていてまわりの歯に悪影響を与えていない場合にはそのままにしておくことがほとんどです。ブラッシングがきちんとできることや、親知らずだけでなくそのとなりの歯のむし歯と歯周病の発症リスクが低いことも大切です。しかし痛みをともなったり、ほかの歯を押して歯列を乱すおそれがあったり、周囲の歯と咬み合っていない場合などはやむを得ず抜歯が選択されます。

また親知らずを抜く場合は若いうちがおすすめです。それはまだ親知らずのまわりの骨がやわらかく抜きやすいからです。また女性の場合は妊娠中の抜歯を避けるために妊娠前に抜くことをおすすめします。

親知らずがおよぼす影響
  • 斜めや横向きに生えていて、歯並びを乱すことがあります
  • となりの歯に食い込んでしまうことがあります
  • 親知らず近くの歯ぐきが炎症を起こし腫れることがあります

親知らずの移植について

自分の歯を残せる治療

健康な親知らずが残っている場合、自家歯牙移植に使えるかもしれません。それは自分の歯(ほとんどの場合は親知らず)をほかの歯の部位に移植する治療法です。抜歯してすぐ自分の歯を移植するので拒絶反応が起こりにくく、自然な咬み心地を得られやすい治療です。

悪くなった歯を抜く前に

重度のむし歯になり「根管治療」を行っても抜歯を避けられない場合は、歯を抜いてしまう前に親知らずの移植ができるかどうかをご検討ください。自分の親知らずを抜いて、ほかの部位に移植するのを同一歯科医院で行うと保険が適用されます。もし他院で重度のむし歯の抜歯を進められたら当院にご相談ください。もしかしたら自家歯牙移植が可能かもしれません。

歯の破折について

歯根破折で生じるさまざまなトラブル

歯根破折とは、歯根が折れてしまったり、割れてしまったり、ヒビが入ってしまうことです。なかなか気づかないこともありますが、次のような症状がある場合はお早めにご相談ください。

歯ぐきが腫れる 痛みがある 被せ物がよく外れる
歯根部分の歯ぐきが腫れたり膿がたまったりすることがあります。 歯の神経が生きている場合は、硬い物を咬んだり、強く咬みしめたりすると激痛が走ることがあります。また「痛む」「しみる」などの症状が現れることもあります。 歯根の上に装着している被せ物が何度も外れる場合は、歯根破折が疑われます。

提携医院のご紹介も行っています

難症例の場合、以下の病院をご紹介しております。

» 京都第二赤十字病院 歯科口腔外科