小児歯科

小児歯科~お子様をむし歯から守りましょう

むし歯を悪化させてしまうと、「冷たい物がしみる」「ズキズキ痛む」などつらい症状に見舞われます。子どもにはそんな思いをさせたくありません。中には「乳歯はそのうち永久歯に生え替わるから……」と油断してむし歯を放置している親御さんもいらっしゃるかもしれません。しかしそれでは大切な永久歯がむし歯になりやすい環境に生えてくるうえ、歯並びをも乱してしまう可能性があります。

小児歯科のことはお気軽に京都市北区大宮東・西賀茂の歯医者「吉田歯科クリニック」にご相談ください。

お子様連れのお母様にも通いやすい歯医者です

お子様連れのお母様にも通いやすい歯医者です

「子どもを預けられない」という理由で歯科医院への通院をためらっているお母様はいませんか? むし歯も歯周病も早期発見・早期治療が大切です。そのため当院ではお子様連れでも安心してご来院いただけるようにキッズスペース付き診療室を設置しています。

お子様にとっても小さなころから歯科医院で楽しく過ごしていただくことで、実際に予防処置や治療を受ける際にスムーズに進むことができるので、一石二鳥です。

スタッフは子どもの扱いに慣れています。お母様が治療中はしっかり見守りますので、安心してゆったりした気分で診療をお受けください。

お子様がむし歯にならないために

お子様がむし歯にならないために

お子様の歯、乳歯は永久歯にくらべて表面を覆うエナメル質が薄いうえ、やわらかいのでむし歯にかかりやすい歯です。そして残念ながら進行も早いのが特徴です。大切なお子様に痛い思いをさせないためにも小児歯科では予防中心のメニューをご用意しています。痛くなってからではなく、痛くなる前に定期的に通院して歯のチェックを受けていれば、もしもむし歯にかかってしまっていたとしても早期発見・早期治療につながります。

お子様のブラッシングについて

お子様のブラッシングについて

むし歯予防の基本は毎日のブラッシングです。しかし小さなお子様はまだ自分一人ではしっかり汚れを落とすことはできません。トレーニングをして正しいブラッシングの習慣をつけてあげることが大切です。

歯が生え始めたころはまず親御さんが濡れたガーゼでミルクや食べかすなどをやさしく拭ってあげてください。お子様が歯ブラシを持てるようになったら、少しずつブラッシングの仕方を教える必要があります。そのときもすぐには汚れをすっかりきれいに落とすことはできませんので親御様の仕上げみがきは欠かせません。就寝中はとくにむし歯になりやすい時間帯ですので、その前にお口の中をきれいにする習慣をつけましょう。

お子様向けの予防メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布 歯の再石灰化を促す効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布します。むし歯への抵抗力を高め、細菌の活力を抑えるので、定期的なフッ素塗布がむし歯予防に有効です。
効果1:エナメル質の強化

フッ素を歯面に塗布すると、歯のエナメル質を構成する成分「リン酸カルシウム」が修復され安定します。

効果2:歯の再石灰化を促す

エナメル質から歯の成分が溶け出す「脱灰」を防ぎ、歯の再石灰化を促すはたらきがあります。

効果3:プラーク生成の抑制

フッ素にはむし歯菌の活性化を抑制するはたらきがあるので、プラークの生成を抑えます。

シーラント
シーラント 奥歯の咬み合う面にある溝は深く複雑な形状なので汚れがたまりやすく、むし歯になりやすい部位です。そこをあらかじめフッ素配合のレジン(歯科用プラスチック)で埋めてむし歯を予防します。

マタニティ歯科とは?妊娠中の方も一度検診を受けましょう

マタニティ歯科とは?妊娠中の方も一度検診を受けましょう

妊娠するとホルモンバランスが変化するのでお口の中は炎症を起こしやすくなります。またつわりがあったり、少しずつしか食べられなかったりすると口腔内環境がむし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。妊婦さんがむし歯を悪化させてしまうと、栄養補給に支障をきたし、妊婦さんの健康とともにお腹の赤ちゃんの成長も心配です。

また、妊婦さんが歯周病を悪化させてしまうと、低体重児出産・早産のリスクを高めてしまいます。つまり口腔ケアは妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんの健康のためにも大切なのです。妊娠5ヶ月~8ヶ月の妊娠安定期に入りましたら、歯科検診を受けてお口の環境を整えることをおすすめします。